11月20日、高円宮杯 JFA U−18サッカープリンスリーグ2021九州は、第16節の5試合を行った。

 首位のV・ファーレン長崎U-18(長崎)はホームで3位の大分トリニータU-18(大分)と対戦するも、12、22分にFW生地太陽にゴールを許し0-2で敗れた。2位につける神村学園(鹿児島)はMF篠原駿太、MF大迫塁、FW福田師王のゴールにより、5位の日章学園(宮崎)を3-0で退けた。サガン鳥栖U-18 2nd(佐賀)と国見(長崎)の一戦はスコアレスドロー。九州国際大付(福岡)対ロアッソ熊本ユース(熊本)も0-0で引き分け勝ち点を分け合った。筑陽学園(福岡)はアビスパ福岡 U-18(福岡)を1-0で下した。

【第16節試合結果】
アビスパ福岡U-18 0-1 筑陽学園
V・ファーレン長崎U-18 0-2 大分トリニータU-18
神村学園 3-0 日章学園
サガン鳥栖U-18 2nd 0-0 国見
九州国際大付 0-0 ロアッソ熊本ユース

▽高円宮杯 JFA U−18サッカープリンスリーグ2021九州
高円宮杯 JFA U−18サッカープリンスリーグ2021九州