東海大高輪台が驚異の粘り!土壇場で追いつき延長後半の逆転弾で大成に勝利!

勝ち越しゴールを決めた東海大高輪台FW佐藤大地

 4月11日、令和3年度関東高校サッカー大会東京予選が開幕した。

 1回戦屈指の好カードと目されていた大成東海大高輪台という一戦、大成はFC町田ゼルビアに2022シーズン加入内定のGKバーンズ・アントンが注目されたが、残念ながらこの試合は欠場。スタメンGK永田陸の動きにも期待がかかる。

 大成はGKに12永田陸(3年)、DF2水谷佳史(3年)DF3渡辺誠史(2年)、DF14渡邊広大(3年)、MF4高山築(3年)、MF5池田大誠(3年)、MF6佐藤真之介(3年)、MF7中村浩太(2年)、MF8木原銀之介(3年)、FW9田中ハーディー啓秀(3年)、FW10原輝斗(3年)というスターティングメンバー。対する東海大高輪台は、GK1大島脩耶(3年)、DF2高橋優太朗(2年)、DF3谷地田拓未(3年)、DF4加藤佑太郎(3年)、MF6伊豆川泰生(3年)、MF8中枝武斗(3年)、MF12柳本華弥(2年)、MF16秋田大空(2年)、MF18毛利拓夢(2年)、MF23小出樹依(3年)、FW9田丸舜介(3年)がスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合開始早々から仕掛けたのは大成。MF高山のミドルシュートやカウンターの速攻など、序盤から試合の流れを掴みにかかるが、東海大高輪台はFW田丸が右サイドから攻め込むなどして主導権を握らせない。前半はこのままスコアレスで折り返す。

 試合開始早々から仕掛けたのは大成。MF高山のミドルシュートやカウンターの速攻など、序盤から試合の流れを掴みにかかるが、東海大高輪台はFW田丸が右サイドから攻め込むなどして主導権を握らせない。前半はこのままスコアレスで折り返す。

大成vs東海大高輪台

 しかし東海大高輪台は、試合終了間際に途中交代のFW佐藤大地が右サイドから粘ってドリブル突破し、MF中枝へパス。中枝がシュートを放つと、ボールはゴールに吸い込まれ土壇場で同点に追いつき、試合は延長戦へと突入する。

 勢いに乗った東海大高輪台は延長後半に待望の瞬間が訪れる。途中交代で投入されたMF19遠藤碧海が快速を飛ばし右サイドから切り込み、FW佐藤へと折り返す。これを佐藤が執念で押し込みで勝ち越しに成功すると、その後の大成の反撃を振り切り2-1で逆転勝利。1回戦屈指の好カードに勝利した東海大高輪台が、2回戦進出を決めた。

▽令和3年度関東高校サッカー大会東京予選
令和3年度関東高校サッカー大会東京予選