13日、14日に第13節全5試合が行われたプレミアリーグWEST。前節終了時点で首位ガンバ大阪ユース、2位名古屋グランパスU18、3位セレッソ大阪U-18の3チームが勝ち点25で並ぶ混戦模様の優勝争い。今節の熱戦を振り返る。

 首位ガンバ大阪ユースは6位サンフレッチェ広島F.Cユースとの一戦に臨むと、この日も持ち前の攻撃力をいかんなく発揮。得点ランキングトップを直走る髙木彰人のゴールなどで4発を叩き込み快勝。首位をキープし、リーグ1番乗りでチャンピオンシップ進出を決めた。

 続いて注目の上位対決。2位名古屋グランパスU18と3位セレッソ大阪U-18がトヨタスポーツセンターで激突。共にここ数試合、勝利から遠ざかっているチーム同士の一戦を制したのはセレッソ大阪U-18。2対1で勝利を収め2位に浮上している。

 7位東福岡と8位富山第一の対戦は両者一歩も譲らず。東福岡は高校総体で得点王に輝いた木藤舜介のゴールで先制するも勝ちきることが出来ず。富山第一と勝ち点1ずつを分け合う結果となった。

 京都サンガF.C. U-18京都橘のダービーマッチは京都サンガF.C.U-18に軍配。前回対戦時にも2ゴールを決めた大西勇輝らのゴールで3対1と快勝。一方の京都橘は未勝利のまま、プリンスリーグへの自動降格が決定している。

 首位と勝ち点差2の4位につけるヴィッセル神戸U-18はホームに9位東山を迎えた一戦で2対1の勝利。破竹の6連勝で3位に浮上。また、この試合に敗れた東山は13試合でわずか1勝に終わり京都橘に続いてプリンスリーグへの降格となった。

 第13節の試合は以下の通り。

▽13、14日プレミアリーグWEST第13節試合結果
サンフレッチェ広島F.Cユース 1-4 ガンバ大阪ユース
富山第一 2-2 東福岡
名古屋グランパスU18 1-2 セレッソ大阪
ヴィッセル神戸U-18 2-1 東山
京都サンガF.C. U-18 3-1 京都橘

▽プレミアリーグWEST大会日程・結果・順位表
プレミアリーグWEST大会日程・結果・順位表

【高校サッカードットコム】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook