2019年度高校年代日本一の青森山田(写真=矢島公彦)

 高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯 JFA U−18サッカープレミアリーグは2020シーズンも出場20チームをEASTとWESTで10チームずつに分け、それぞれホーム&アウェイ方式の総当たり戦(18試合)を実施する。

 プレミアリーグEASTは2019シーズンの高校年代王者で大会連覇を狙う青森山田(青森)やEAST2位でシーズンを終えた柏レイソルU-18(千葉)、同3位の浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)、3年ぶりの王座奪還を狙う昇格組のFC東京U-18(東京)などが優勝を目指して熱戦を展開する。現行のレギュレーションとなった2011年以降の優勝チームは以下の通り。

▽優勝チーム
2011年度:コンサドーレ札幌U-18(北海道)
2012年度:東京ヴェルディユース(東京)
2013年度:流通経済大柏(千葉)
2014年度:柏レイソルU-18(千葉)
2015年度:鹿島アントラーズユース(茨城)
2016年度:青森山田(青森)
2017年度:FC東京U-18(東京)
2018年度:鹿島アントラーズユース(茨城)
2019年度:青森山田(青森)